相続税は土地の評価額も影響してくる

イタリア

税金のシステムはとても厄介なので、このような厄介なことでも自分の代わりに計算をして、正しく納税できるように税理士という職業が存在しているのです。相続税には基礎控除額などをはじめとして、難しいものがたくさん存在しているのですが、その中には評価額というものも存在しています。評価額と言われても、何のことだかさっぱりとわからないという人も多いでしょうし、固定資産税を納めた経験のある人は、聞いたことぐらいはあるでしょう。

遺産相続が発生したときには、大半の人は近くの税理士に任せているのですが、やはりいざというときのために、信頼できる相続税申告の税理士を事前に探しておくことが重要です。

土地の評価額とは?

この評価額というのは、相続税にも影響してくるのですが、文字を見れば大体土地や財産の価値を表す数字であることは想像できると思います。しかし、どのように評価されているのかという点までは、わからないという人が多いでしょう。また、物によっても評価額が変わってしまうのですが、土地や建物を評価する場合には、大きく分けて2通りあります。1つ目は路線価方式といい、路線価のある土地に対する計算方法なのですが、路線価とは市街地の形態を形成する地域の道路などに面する宅地の評価額と記されています。

もう1つは路線価のない土地に対する計算方法なのですが、路線価がある場合には、路線価と自分が所有している面積、さらに補正率をかけた数値が評価額となります。路線価がない場合には、固定資産税の評価額と国税局長が定めた倍率をかけた数値が評価額となるのですが、素人では説明してもよくわからないという人が大半を占めているでしょう。このような評価額などの計算も、税理士がきちんと行ってくれるので心配はいりません。

土地や建物以外にも、貯蓄金や株式などにも評価額が存在しています。興味がある人は勉強してみてもよいのですが、かなり難しい内容になっているので、長い期間じっくりと勉強するようになるでしょう。

実際、税理士試験を受けるというレベルになった場合は独学で過去問を勉強し(勉強時間は相当かかることでしょう)、そして日程をしっかり確認してみてください。難易度ははっきり行って高いです。解答速報にドキドキしながら、勉強した時間と受験料の重みを噛み締めながら、待って、そして合格した時の喜びは何者にも代えがたいです。体験記を読んでモチベーションを上げるのも良いと思います。一発合格を狙うためにはとにかくイマジネーショントレーニングが大切だと思います。合格した暁にどのような人たちにかっこよく人助けをしているか考えてみましょう。褒められたり感謝されたりするシーンを考えると涙も出てきます。なんだか不順じゃないかと考えがちですが、問題は実際に税理士になってから何をするかです。それができなければ意味がありません。もちろん税理士になるわけではなく、単に知識として欲しいというだけの人も多くいますのでこれは全員には当てはまらないんですがね。